ほくろ除去のいろいろな施術

人気が高いほくろの除去はレーザーです。ほかにも電気凝固法や切り取り、くりぬき法などがあります。レーザー術はほくろのできている色素の沈着部分にレーザーを当ててほくろを除去する方法です。傷ができずに短時間で済ませることができます。

電気凝固法は比較的大きなほくろの除去に使われる方法です。メスに電気を流して除去します。切り取法は大きな手術になります。切除してから縫合していきます。美容目的のためのほくろの除去というよりも、皮膚ガンの治療に使われます。

くりぬき法は簡単な手術方法になります。ほくろをくりぬいて除去していきます。簡単ですが、かなり高いレベルの技術を要する手術です。くりぬき方が浅いと再度ほくろが再生します。肌を傷つけないようにほくろだけを除去していかなくてはいけません。ほくろの症状に合わせて除去方法も違ってきます。

スポンサードリンク

ほくろを除去後のケア方法

ほくろの除去に限らず、肌のお手入れはとても大切です。日頃から紫外線対策をして、肌を焼かないようにすることは美肌になるための基本です。紫外線対策はほくろを除去したあとにとても重要な役目を果たします。除去した部分に紫外線があたってしまうと、色素の沈着を起こしてしまうからです。

同じ部分にほくろができやすくなり、シミとなって残る場合もあります。除去したあとは傷が残ります。その傷は消えてなくなるものです。紫外線対策をせずに色素を沈着させてしまった時には、再度治療が必要になります。炎症や黒ずみができないように、紫外線をカットするようにしてください。

除去した後は傷を保護するために、サンプロテクターを貼ります。これを約半年間貼ることで紫外線を当てずに、トラブルを防止します。ほくろの除去した部分にテープを貼ります。ほかの肌が日焼けをしてしまうと、明らかに肌の色が違ってしまいます。そうならないように、まわりにも日焼け止めのクリームを塗るようにしましょう。

美白クリームも効果があります。紫外線は蓄積されていくために、知らない間に肌が黒ずんでくることになります。毎日のお手入れのなかで、肌とほくろの除去した部分の肌を守っていくようにしてください。

ほくろ除去後の状態

ほくろを除去すると、しばらくはその部分に傷が残ります。これはどんな除去方法を選択してもできるものです。この傷痕が消えるかどうかは医師の技術と除去後のケアにかかっています。ほくろがあったことが分からないようになるまでにはだいたい1年はかかります。

もともとあったほくろがなくなっても、跡はしばらく残るということを知っておきましょう。レーザー術は簡単にできるほくろの除去方法です。とても難易度の高い施術になります。麻酔をしてから除去に入るため、痛みもありません。小さなほくろであればレーザーでの除去が可能です。

このレーザーはほくろの部分だけに当ててほくろを除去していく方法です。この加減を間違ってしまうと、健康な肌に跡が残り、そこだけ光ることが多くあります。
ほくろの状態は本人と担当医が確認して、どういった除去をしたらいいのかを最初によく調べておかないといけません。顔にあるほくろの場合にこうした状態が残ってしまうと、いつまでたってもきれいな肌にはなりません。

大きなほくろをメスで除去する場合には、ほくろよりも3倍ほどの大きさに傷が残ります。その部分にはしわができます。が、だんだんしわが消えて元に戻ります。傷も目立たずに、きれいになります。完治するまでの期間には個人差があります。

ほくろ除去の口コミについて

ほくろを除去する時には口コミ情報を参考にしてください。除去をおこなった先の病院やほくろの除去そのものについての情報を知ることができます。ほくろの除去は全額自己負担になるケースが多いです。失敗しない病院選びをしなくてはいけません。インターネットのサイトで口コミを見ることができます。

担当した医師ついての情報もあります。親切で丁寧な対応のところでほくろの除去をしたいものです。ほくろの除去をしてもらう時には最初に説明を納得できるまでしてくれるところを選びましょう。有名とされているところでも、親切とは言えないところもあるようです。

希望するほくろの除去は、決まった回数で全部除去できることでしょう。その時にも説明をきちんとしてくれるかどうかをよく調べるようにしてください。評判がいいとされているクリニックもあります。実際に行ってみると説明不足だったとされています。ほくろの除去は個人のほくろに合わせて料金が違います。そのため高額な料金を請求してくるところもあるようです。

何度も除去をしなくてはいけない場合もあります。それだけの料金がかかります。料金についてはほくろの大きさである程度知ることができます。口コミサイトではそうした質問をすることができます。聞いてみるのもいいでしょう。

ほくろ除去の料金

ほくろの除去は美容のためであれば保険が効きません。そのためにまとまった金額が必要になります。ほくろの大きさや除去する方法、除去する病院によって金額は大きく異なります。ほくろも小さく、保険の適用が受けられる場合にはほくろ1つにつき数千円から数万円で済みます。

美容整形クリニックでは、金額が大きくなりほくろ1つにつき数万円かかります。これはすべての美容整形クリニックではなく、それぞれ違いがあります。比較してから決めるといいでしょう。

ほくろの状況が人によって違います。金額ははっきりとは決められることではありません。実際に除去する時になって高いと感じるところであればやめたほうがいいでしょう。

料金をはっきり提示している美容整形クリニックもあります。その場合にはほくろが直径1mm以下の小さいものであれば2000円からとなっています。ほくろの場合には大きさだけではなく、その下にあるメラノサイトによっても金額が違います。そこをよく確かめるようにしましょう。

そして安いと思っていても、除去する回数が多くなると値段も加算されていきます。安くても技術に不安があるといけません。金額と併せて調べる必要があります。できるだけ安く、腕のいいところを選べるように情報収集が大切です。
| 料金

ほくろ除去の注意点

ほくろを除去する時には病院選びに慎重になりましょう。ほとんどの人は美容整形クリニックで除去をおこなっています。ほくろが大きく手術の必要がある場合やガンの可能性がある時などは保険が適用されます。3割の自己負担で済ませることができます。美容のためとなると保険は効きません。

メスによるほくろの除去の場合には、保険が効きます。簡単な除去方法になるレーザー術の場合は高い金額が必要になります。ほくろを除去する時には数回繰り返しておこなわれる場合があります。そこで完全に除去できなくてもあわてないようにしましょう。

完璧に除去できなかったり、傷痕が残るなどのトラブルが多く見られます。除去の方法に問題があったことを立証することはとても難しくなります。ほくろは除去したあとのお手入れも大きく影響するからです。きちんと正しいお手入れをしていないとほくろが再発してきたり、傷痕になります。

自分の責任かもしれません。一概に担当医を責めることはできないのです。完全にほくろの除去に成功したといえるためには、除去してからもお手入れをしていかなくてはいけません。高い費用をかけておこなうほくろの除去です。問題が起きないように取り組んでいきましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。